2009-11-09(Mon)

『THIS IS IT』から帰宅したのは午前1時過ぎ。。

土曜日は、ひさびさの映画館へ。
今話題の『THIS IS IT』観てきました!

正直いって、これまであまり
マイケルジャクソンって興味なかったのだけど・・

180度かわりました!!
やっぱ、スゴイわ。

まだ観てない方、ぜひぜひ劇場へ!
上映期間も延長されてるようですよ♪


映画のあとは、焼き鳥屋さんで食べて飲んで、
その後またバーへ。

そこで、たっくさん飲んで、笑って、飲んで、、、、

帰宅したのは、午前2時近くでした。

久しぶりの夜遊びに、おもいっきりリフレッシュできたのでしたV


そして、飲んだ翌朝は、うどんに限る(笑)

RIMG0192_2.jpg

夫が作ってくれた、超シンプルな、うどん。
具は、ネギとカニかまだけです(笑)

でも、このお味だいすきなんです♪
ちなみに、「五木のうどん」��

『THIS IS IT』から帰宅までのおたのしみを
こちらのブログで書いております→ココ 
おひまがあったら、ぜひdocomo���G����1


スポンサーサイト



2009-11-09(Mon)

原料にこだわったアロマコスメ☆rinRen(凛恋)&ママバターハンドクリーム

基礎化粧品選びで一番ポイントを置いているのは、
やはり”天然成分”で作られていること。
毎日肌につけるものだし、安心して使える化粧品がいいですもんね。

そこでわたしがこの頃気になっているのが、『アロマコスメ rinRen(凛恋)』
国産原料にこだわって開発された、ナチュラルアロマコスメ商品です。

08247958.jpg 08247960.jpg

こちらは、表参道でオーガニックガーデン「シンシアガーデン」を運営されている
B×E(ビーバイイー)のコスメで、ナチュラルコスメフリークの間では大人気の
『ママバター』を誕生させた会社なんですって。

そして『ママバター』のシリーズの中でもママバターハンドクリームは、
特に好評らしいんです。

今回その、アロマコスメ rinRen(凛恋)のシリーズと、
ハンドクリームを体験された方の記事があったので、読んでみました。

こちらです(↓)
rinRen(凛恋)&ママバターハンドクリーム体験記 国産原料にこだわったrinRen(凛恋)とママバターハンドクリーム

この方の感想の中で、とても印象深かったのが、
オーガニックコスメというとつい海外ブランドの高級なもの、
というイメージがあるけど、
rinRen 凛恋シリーズのように、
国産でも手軽に採れるものがあることに感動されたというお話。
まったくわたしも同感です!

オーガニックコスメ=高い、とばかり思い込んでいたし、
実際に、海外のものはお高いです。。

それが、国内でもこんな素晴らしい商品が作れるんだ♪
と、素直に驚きました。

そしてあらためて、日本人の肌には、日本の風土の中で育てられた物の方が
ずっと肌も喜んでくれるんだろな、と。
そしてその植物からの恵みをいただくことで、
肌自体も自然治癒力や回復力を持っていけるんだな、て。

ちょっと、いろんな角度で見方が変わりました�ɂ��ɂ�


そして、わたしが気になってるハンドクリーム!

hand_img.jpg

「純度100%」のシアバターが使われてるそうで、
そのわりにベタつきなどもなく、肌にしっかり浸透していくんですって。
これからお湯を使うことが多くなると、どうしても手が乾燥してきて、
ひどくなるとヒビわれたりもしますよね・・
まさに、これから大活躍のハンドクリームだと思います♪

実際にこうして体験された方の生の声が聞けると、
すごく参考になりますねV

使用感や、実用例などもわかるし、
品質の良さとその安価な価格とのバランスについても、
とってもコスパの良いコスメなんだな~と感心させられました。

みなさんも、興味があったら、是非チェックされてみてくださいね☆


2009-11-09(Mon)

世界最薄!ワンセグスライド『SA001』がauから新登場!

ものすごいスピードで進化しつづけるケータイ!
こんどは、なんと世界最薄モデルが登場しましたよ!!

ワンセグスライドau『SA001』です�L���L��

その薄さ、なんと11.9㎜

ほら、画像を見るとそのスリムさがよ~くわかるでしょ!



でも、このケータイは薄いだけじゃないの。

スライドタイプって、どうしても気になるのがモニタ面の損傷やキズ。
特に雑に扱うわけじゃなくても、
バッグに入れたりしてるとなんとなく気になるじゃない?

姪っ子がスライドタイプだったのだけど、
まだ買ったばかりっていうわりに、えらく朽ちてるように見えた気が・・��
ああいう姿みると、どうしても手が出なかったんですよね。

でも、このケータイは、傷つきにくい強化ガラスが使われてるんですって!
姪っ子が知ったら、この時点で嫉妬するかも(笑)

さらに、クリーンクリアコート仕様が施されているから、
皮脂汚れとかも拭き取りやすくなってるらしいの

ケータイをいじってる時って、気づかないうちに手の脂とかついてるし、
案外とヨゴレって付着してくんですよね。
そして通話したあとなんて、ファンデーションもついてたり。。

わたしはいつも、手のひらでモニタ面を撫でて拭き取ってるのだけど、
それって、さらに手の脂もついちゃう!!��

女性にとっては、このコーティングってすごくうれしいわ!

さらにもう一つ上をいって、
覗き見防止のブラインドスクリーンも搭載されてるんですって。
いつもモニタ面がむきだしだから、そういう機能もありがたいですよね。

そしてもし、ケータイをどこかに置きっぱなしにしてても、
着信時の相手の番号や名前も非表示にできるから、
プライバシーもしっかりガードされるってわけ

なんだかあまりに進んでて、ほんとにびっくり。

操作もジョグキーだからスムーズだし、
薄型シェイプスライドだから段差が少ないのも使いやすいよね。

他にも、スライドならではの便利機能も満載!

我が家では必須の「Bluetooth」はもちろん、
「モバイル辞典」や「おサイフケータイ」・・etc、
そして「とじるとロック」や「遠隔ロック」といったセキュリティー機能まで!

もうここまで揃ってたら、文句のつけようもないでしょ♪

薄くて軽くて、機能面も充実!
なんだか、しみじみと自分のケータイが骨董品のように思えてきました。。

これまで、スライドタイプってわたしには不向きというか、
ちょっぴり使いにくそうって思ってたけど、
これならスマートに使いこなせそうだわ�E�B���N

バッグの中でかさばらないのもうれしいしね♪

夫なんて特に、スーツのポケットに入れるから、
できるだけ薄い方がいいんです。
だって、ポケットのところばかりが痛んでくるんだもの・・!

これは、夫にもすすめよう

みなさんも、興味があったらSA001をくまなくチェックしてみてね★


2009-11-09(Mon)

初めて出会ったウイスキー「響12年」にどっぷり浸った夜

夫婦そろって酒飲みの我が家には、常にアルコール類のストックは万全です。
ビールはじめ、焼酎、日本酒、泡盛、ワイン(赤・白)、
スパークリング、そしてウイスキー。
こうして書き出してみると、唯一ブランデーがないことにあらためて気づいたわ。
きっと、あの口当たりがあまり好みでないからかな?
それとも、良いブランデーを知らないだけかな?
おそらくそっちの方でしょう(笑)

お酒の在庫が少なくなってくると、すぐに補充します。
今日はこれが飲みたいな、て時に、残り少ないと心寂しくなってくるんです。


さて、そんな我が家に、とてもうれしい物が届きました。

この秋・9月15日にサントリーから発売されたばかりの
「響12年」ペリエの試飲キットです�L���L��

RIMG0164_2.jpg

こちらは、かつてなかった12年もののウイスキーとして
今大注目されているブレンデットウイスキー。
ヨーロッパではすでに先行発売されていて、
その味や香りは高く評価され大人気なのだそうです。

それを、発売間もなくにしてタダで!お味見できるなんて、
まさに酒飲み一家としては大喜びなのでした。

お酒ずきとはいっても、お酒に関して特に詳しいわけでもありません。
どちらかというと、難しいことより
とりあえず飲む、美味しかったらそれでヨシ!
そんな調子なので、いつまでたってもうんちくを言えるほどの
知識もボキャブラリーも蓄えられていかないのです���

そして、酒飲みでありながら、実は
「響」はまだ一度も体験したことのないわたしでした。

というわけで、届いたその日の夜に、わくわくしながら
夫と二人でいただくことに♪


最初の一杯は是非ストレートで、と書かれてあったのですが、
わたしたちはいきなりロックから。。

というのも、写真でもおわかりのように、
わたしがカメラを準備してる間に、グラスにはすでにかち割りが・・。
タイミングよく冷凍庫にあったかち割りに大喜びしながら、
夫がセットしたのでした�G���������͂��Ă�������

RIMG0164_4.jpg

そしてグラスは、バカラをチョイス。
実はこれ、結婚祝いにペアでいただいた物で、
いつもは大事に箱に入れて、カップボードにしまっているものなんです。
ふだん使いをするには、わたしたちにはなんだかもったいなくって。

そしてとっておきの日だけ、こうして箱からだしてくるのです。


グラスに少しだけ注いで、まずは鼻に近づけて香りを嗅ぐ。
ん~ウイスキーの香りだ~~ひさしぶり!
でも決してアルコールのツンと突くようなものではなく、
なんだかとてもフルーティー。
ちょっとハチミツみたいな甘さも感じられるし。この香りはなんだろ?

その間ほんの数十秒だったのだけど、
鼻孔の奥で「早く飲ませろ~!!」と叫んでいるような振動を感じたので
さっそくひとくち含みました。

軽く深呼吸すると、すぅ~っと鼻から抜けていくその香りに
その場で酔ってしまいそうなほど・・。

そして、ゴクリ。

一瞬にして口の中で香りが華咲き、踊るようでした。
同時にぽわんと喉の奥があったかくなって、
あとに残るちょぴりスパイシーな香りがまた心地よくて。。

びっくりしたのが、ウイスキーによくある飲み干した瞬間の
カーッとした熱さとかなく、とてもソフトなんです。
こぉ、やわらかぁ~く喉の奥からやさしく包み込んでくれるみたいな・・・

うまく伝えられなくてごめんなさい�G���������͂��Ă�������

でもはっきり言えるのは、これはウイスキーが苦手な方にも
とても飲みやすいのでは♪ということ。
特に女性には口あたりもやわらかくマイルドなので、
ゆっくりいただけるのではと思います。


さて、ロックのあとは、いよいよペリエ割りです♪

RIMG0178_3.jpg

付属の作り方レシピには「3倍程度のペリエを注ぐ」と書かれてあったので、
まずはその通りにしてみました。
もちろん、軽くステアしておわり。

ん~、さすがにさらに飲みやすい!
ペリエで割ることで、ウイスキー自体の甘さもぐんと引き立ってくる感じ。
飲み口も爽やかだし、ついついスピードアップしてしまいます。

ここ最近は再びの「ハイボール」が流行っているけど、
これはちょっとワンランクもツーランクも上のハイボールだわ��

スパークリングウォーターもいろんな種類があるけど、
あえてその中からペリエをチョイスするあたり、
さすがだなと思いました。

でも今度、別の炭酸水とも飲み比べしてみようかな�E�B���N


ここでグラスについて、ちょっとこぼれ話。
本当は、同じくバカラのシャンパングラスで
とも思ったのですが、早く飲みたい!という欲に負けて、
「これでいっか♪」て、ロックグラスでそのまま作ったのでした��

グラスもそれなりに選ぶと、また香りの立ち上がりも変わってくるだろうし
もっと愉しめるでしょうね。

今回デビューを果たしたことで、多少は心にも余裕ができたので(笑)
次回は、ゆったりと、シャンパングラスで飲んでみたいと思いますV

RIMG0187_2.jpg

ちなみに、ウイスキーずきな夫もたいそう気に入ったようで、
「これはイイ♪」なんて相変わらずうんちくの一つもナシに、
あっというまに飲み干してしまいました。
ものの数分で、空っぽになったボトルです。。


そして、ここから後日談。

実は、その数日後、夫と二人で出かけたご近所のバーにて
「響」をいただくことができたのです!

カウンターに座るなり『響の12年って、ありますか?』と
何気なく聞いてみたら、まぁ、こんな具合!

RIMG0231_3.jpg

「響」を試飲できたことを話すと、マスターもとても喜んでくれて、
こうしてお店にあるボトルを全部並べてくれたのでした。

そして、こんなサイン入りのボトルも!

RIMG0213_3.jpg

サントリーのチーフブレンダー、輿水精一さん直筆のサインですって!

もぉ、まさかの出会いで、一気にテンションが上がってしまったわたしです。
マスターも、いろんな飲み方を教えてくださり、
家ではジャンプしてしまったストレートもしっかり味わってきました。

それも「響」専用のグラスで♪

*写真がボケててすみません。店内が暗いので、これが限界でした

RIMG0214_3.jpg

ストレートにはじまりトワイスアップ、スパークリングウォーター割り、
などなど、連続でいただき、
さらには、17年・21年も飲ませていただき・・・
もう本当に大感激の夜でした。

「響」について熱く語り合いながら、すっかりマスターともお友達に♪
「響」が取り持ってくれたご縁ですね�n�[�g

こうしてストレートでも味わえて、
あらためてその素晴らしい世界を知ることができたのでした。

12年ものでありながらも、しっかり熟成されたウイスキー。
これはやはり、ストレートでも楽しめる方には是非おすすめしたいです。


「響」ブランドが誕生して20年。
サントリーが長年にわたって守りこだわり続けてきた
”日本の感性に根ざした味”から生まれた「響12年」は、
まさに日本を代表するプレミアムブレンデッドウイスキーとして、
世界ブランドになるのも間違いないでしょうね。

オリエンタルな空気をかもしだすボトルの佇まい。
キラキラ輝く24面カットのボトルのラベルには、
歴史ある越前和紙が用いられているそうです。
そういったボトルデザインにも、
こだわり抜いた日本人の美意識が散りばめられているんですね。

サントリー響12年

わたしも、日本を愛する一人として、
これからも「響」には熱い想いを寄せていきたいと思いますjumee��line17c


最後に、テイスティングノートをご紹介しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  色   :琥珀色
  香り  :プラム、ラズベリー、パイナップル、蜂蜜
  味わい :甘く口当たりが柔らか
フィニッシュ:甘い感じ、軽い酸味。スパイシー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


わたしのつたない表現では伝わりにくいと思いますので、
どうぞこちらもご参考にされてください☆


プロフィール

lee

Author:lee

子なし夫婦の専業主婦です。
愛犬と毎日のほほんと暮らしてます。

応援いただけると嬉しいです(*'-'*)

にほんブログ村 小遣いブログ ブログライターへ

ご訪問ありがとうございます
いただいたコメントへのお返事は
サイト訪問にてさせていただきます☆

<おきてがみ>
しばらくの間おきてがみを
休止させていただきます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブログライター
MicroAd
あし@
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
おすすめ広告
MicroAd
おともだちリンク
一定期間にわたって交流やブログの更新が途絶えてしまった方は、 誠に申し訳ありませんが、リンク集へ移動させていただきましたm(_ _)m
RSSリンクの表示
☆素材☆
HeartToMe
QRコード
QRコード