2009-06-29(Mon)

治験ボランティア『インクロム』について

みなさんは「治験」についてご存知ですか?
わたしはぼんやりとその意味は知ってたつもりなのですが、
ひとことで、正直いってあまり良い印象は持っていませんでした。
「治験」=「実験台」というイメージが強く、
”こわい”と思っていました。

でも今回、インクロムのサイトを読んでみて、
その印象が大きく変わりました。

まず、薬がわたしたちの手元に届くまでには
開発に長い年月が要されるわけですが、
その過程には、薬の安全性と有効性を確かめるためのプロセスが必要不可欠で、
それが「治験」と呼ばれるものだということ。
そしてそれが、治験ボランティアの方達のおかげで
成り立っているということです。
その道なくしては、薬の完成には至らない。
わたしは、そんな方達の存在なんて全く知りませんでした。。

何も知らずにひどい思い込みを持っていた自分を恥ずかしく、
そしてとても反省しました。
今の自分の健康が守られていることについて、
治験ボランティアの方達に感謝するべきですね。

そして今回新たに知れてよかったことのもう一つ、
「治験」を受けるメリットについてです。

たとえば糖尿病の治験の場合、
ふだん受けていた検査より一層精密な検査を受けられることで、
自分の症状についてさらに詳しく知ることができるという点。
それによって、生活習慣を見直すきっかけになったり、
あらためて健康への注意も高まりますよね。

そう考えると、「治験」への参加で、
人々の為にもなり自分の為にもなる、ということだと思います。

「治験」の実績で日本を代表する企業であるインクロムでは、
治験ボランティアの募集もされています。



ボランティア登録説明会にて、薬や「治験」に対する正しい知識を知り
理解した上で、参加を決めることができるそうです。

病気で苦しんでいる人たちのために、より優れた医薬品を
開発するお手伝いができる素晴らしい活動ですね。
興味をもたれた方は治験ボランティアのサイトを是非ご覧になってみてください。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

lee

Author:lee

子なし夫婦の専業主婦です。
愛犬と毎日のほほんと暮らしてます。

応援いただけると嬉しいです(*'-'*)

にほんブログ村 小遣いブログ ブログライターへ

ご訪問ありがとうございます
いただいたコメントへのお返事は
サイト訪問にてさせていただきます☆

<おきてがみ>
しばらくの間おきてがみを
休止させていただきます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
ブログライター
MicroAd
あし@
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おすすめ広告
MicroAd
おともだちリンク
一定期間にわたって交流やブログの更新が途絶えてしまった方は、 誠に申し訳ありませんが、リンク集へ移動させていただきましたm(_ _)m
RSSリンクの表示
☆素材☆
HeartToMe
QRコード
QRコード